2017年04月10日

広島カープ 4月10日(火)時点での成績

開幕3カードを全て勝ち越し順調なスタートを切った広島カープ。

明日からは東京ドームで巨人との3連戦です。
今までの3カードは去年のBクラスチームだったのである意味勝って当たり前なのかなと。
明日からの試合が大切です。

これまで9試合戦った広島カープの成績を見てみると、
7勝1敗1分 勝率.875です。
投手部門の成績は、
防御率2.79でセリーグ2位。ちなみに1位は巨人で2.57
失点は広島30に対して巨人は22。
この数字だけ見ると投手力はほぼ互角に見えますが、
四球の数が広島51に対して巨人は16。
奪三振が広島78に対して巨人が57。

広島は余計な四球でランナーを貯め点を取られてる事がわかります。
逆に考えれば、これだけ四球出してよく抑えてるなと。
なので、明日からの3連戦は投手は四球を与えない。
これが一つのテーマだと思います。

次に打撃陣の成績。
打率 .274は阪神の .276についで第2位。
得点は51点でダントツの1位。
塁打122なので広島の攻撃陣の効率の良さがわかります。
盗塁も9でこれも1位。
去年からの足を使った戦い方ができているのかなと思います。

明日の巨人の先発は菅野。日本のエースです。
大量得点は望めないので去年までの足を使った攻撃で菅野を打ち崩して欲しいですね。


メルマガをやっています。興味を持っていただけたらぜひ登録をお願いします。


posted by 鯉太郎 at 23:18| Comment(0) | 成績

2017年03月27日

オープン戦の成績

3月26日で今年のオープン戦が終了しました。

最終的なオープン戦の結果は、
4勝11敗2分で11位でした。

4勝しかできなかったんですね。
オープン戦だからあまり勝敗は気にしなくてもいいとはいえ17試合で4勝はちょっと心配ですね。

全体の成績表はこちら
スクリーンショット 2017-03-27 14.35.27.png

カープのオープン戦を分析すると、防御率はそんなに悪くないです。チームの得失点差10に対して順位が11という事は単純に点が取れずに負けたという事。25日のソフトバンク戦では無安打でしたからね。後、気になるのは盗塁が少ない事。これはオープン戦なのでチームの戦略もあるとは思います。あまりやりすぎると相手が修正してきますからね。

やはり思ったように勝てなかった大きな要因は侍ジャパンで招集された田中、菊池、鈴木誠也の存在が大きかったのかなと思います。田中、菊池、丸の上位3人が機能してチームに勢いがついて得点に結びつく。この辺は代替えができないという事がわかりましたね。西川や安部が代わりになると思ってましたが。。。
この辺は課題ですね。
おそらく緒方監督もいろいろな攻撃パターンを試して成果を見せたかったと思います。ペナントレースの中で形になっていけばいいのではないかと思います。

投手陣はジョンソンが一回も勝てなかったのは残念でした。投球自体は悪くなかったですからね。ローテーションも決まりつつあります。オープン戦を見て期待したいなと思ったのは岡田です。去年はなかなか勝ち星に恵まれませんでしたので今年はしっかり勝ってもらいたいですね。投球も素晴らしいですし。

今年は例年と違いカープは追われる立場になります。王者の風格を見せながら挑戦者の気持ちで連覇達成&日本一奪還して欲しいです。


メルマガをやっています。興味を持っていただけたらぜひ登録をお願いします。

posted by 鯉太郎 at 14:51| Comment(0) | 成績